サイトメニュー

結婚がストレスとなりうる

悩む女性

原因を見つけて解消

幸せな生活に繋がる結婚ですがマリッジブルー症状に悩まされる人もいるために、どのようなことに気をつけるといいのか知っていると安心です。まずどうしてなるのかというと、結婚式の準備が仕事などをやっていると日常生活が忙しくなるためにストレスを抱えて気分が落ち込みます。また原因としてこれから相手の姑とうまくやっていけるかどうか、ライフスタイルに直結するストレスも大きな原因と考えられます。マリッジブルー症状はかかりやすい時期がありますが、それはプロポーズを受けたすぐ後にストレスとなって考えすぎてしまう人もいます。また結婚式準備と重なりますが3ヶ月から半年の間になってしまう人も多く、家族との付き合いが深くなるにつれて気分が落ち込む症状です。まず気をつけないといけないのは自分ひとりで何でも抱え込まないようにすることで、パートナーと相談をしながら物事を進めたり相談をしたりすることが大事になります。自分勝手な解釈をして行動をしないようにするには、同じようにマリッジブルー症状になったことがある友人に話を聞いてもらうこともひとつの方法です。ちょっとしたことでイライラしたり落ち込むことは誰にでもあることなので、ストレスを助長させないようにするには気分転換も有効となります。

このようなマリッジブルー症状を克服していくには、精神科や心療内科などのクリニックを受診することがおすすめです。専門の医師や臨床心理士がいますのでカウンセリングから克服方法までアドバイスをしてくれますし、何よりも心の安定を図ることができます。カウンセリングを受けることで不安に考えていることがわかりやすくなり、ライフスタイルのアドバイスをもらうことで自分でもできるという自信がわいてきます。マリッジブルー症状にかかっている人の多くは、不安になっていることが何であるのかわかっていないケースもあります。そのためにどこに気持ちをぶつけていいのか、ストレスのはけ口を見失っているケースも少なくありません。内的不安が先行している人の場合は、カウンセリングでパートナーに相談ができない理由がある為に症状が悪化することもあるので、一緒になって話ができるのか考えていきます。専門家である臨床心理士は様々なケースを掌握しているので、過去の経験からくる他人の話を例えてもらうと解消できる答えが出てくるようになります。またパートナー以外の自身の家族の悩みというケースもあるので、こちらも深い意味があるかもしれないので、しっかりと相談をして解決できます。