サイトメニュー

結婚を前に思うこと

悩む人

過去に感謝して未来に踏み出そう

人生で幸せな時期の象徴ともいえる結婚ですが、それも目前に急激に気持ちが不安定になるマリッジブルー症状も多くの人が経験しています。マリッジブルー症状の内容に関しては個人差がありますが、多くは「本当にこの人と結婚していいのか」だったり、前に進むことに対しての漠然とした不安です。結婚という未開の地に足を踏み入れることに対する期待と不安が入り混じることと、自分が選んだ相手に対して交際相手としてではなく夫として考えたときに、自分の選択が本当に良かったのかどうか考えてしまうことはあります。結婚への幸せの考え方に関しては、個人差があるので自分の幸せが見えなくなってしまっている場合もあるので、他人から相手のことを褒められたり、親からの言葉で家族の大切さを知ることで解決するパターンは多いそうです。不安な気持ちで視界か狭くなり、足元にあるこれからの幸せを見落としてしまっては本末転倒です。この症状は多くの人が通る道なだけあって、解決法も意外と近くにあります。大切なのは不安な気持ちをひた隠しにせず、友人や母親などに相談してみることは一番の近道です。特に母親は同じような経験をしている可能性が高いので、どうやって克服したかなど聞いてみるのもいいかもしれません。

マリッジブルー症状の特徴は、結婚を前にして漠然とした不安な気持ちに襲われて落ち込んでしまったり、本当に結婚していいのか、本当にこの人でいいのかなど、小さな不安が大きく感じられてしまったりします。今まで当たり前に感じていた家族との生活も残りわずかになって、実家を離れることが急激に寂しく感じてしまったり、今までは何とも思わなかった交際相手のちょっとした言動に、結婚相手としてふさわしいのかと考えてしまったりします。もしかしたらもっと良い人がいるのではないかと感じてしまったりもするかもしれません。マリッジブルー症候群はこれまでの人生を振り返ったり、これからの未来を考えたりすることをきっかけに起こるようです。今まで不自由に感じていた生活が家族に守られて成り立っていたことに改めて気付いたり、それと共にこれからは自分たちの力で歩いていかなければならない不安に襲われたりするのです。不安になるからこそ、相手が一緒に頑張っていける人なのか改めて考えるようになるのです。とは言え、結婚はおままごとではありません。前に進むことに一度は不安になっても、それに寄り添ってくれる相手の真摯な姿勢だったり優しく送り出してくれる親の姿に心は落ち着き、安心して進んで行くのです。そう考えると、マリッジブルー症状になって一度立ち止まることも悪いことではなさそうです。