サイトメニュー

専門家に相談しよう

悩む女性 病院での治療では、心理カウンセラーなどが、あなたが悩んでいることを的確に分析してくれて、具体的なアドバイスなどもしてくれます。身体的症状があれば薬物療法も可能です。マリッジブルー症状で悩んでいる人は、専門家に相談してみてはいかがでしょうか。

詳しく見る

結婚を前に思うこと

悩む人 マリッジブルー症状は、幸せを目の前にして過去と未来についてを今までにないほど現実的に考えることで、今踏み出そうとしている一歩は正しいのか不安に感じてしまうことに始まります。でも、立ち止まるからこそ自信を持って前に進めるのかもしれません。

詳しく見る

結婚がストレスとなりうる

悩む女性 結婚する人に訪れるマリッジブルー症状に悩みを持っている人は、一人で悩まずに他の人に相談をすることが大事になります。病院などの専門施設で相談をすることでカウンセリングを受けることができて、いろいろな解決方法を提案してもらえます。

詳しく見る

どんな症状が出るのか

ハートと聴診器 マリッジブルー症状を知っておくことで、いざそうなった場合に役立つことでしょう。すぐに心療内科や精神科を受診することができます。そのままにしておかず、専門科にかかってきちんと治療をすることが何よりも大事です。

詳しく見る

男女問わずかかる可能性

カウンセリング

短期間で治ることが多い

人生において結婚は家族を持ち幸せになるための節目ですが、結婚を控えた大事な時期に心が不安定になる人もいます。この症状はマリッジブルー症状と呼ばれており、新しく作る家庭に対する不安な気持ちがうつのような症状になります。うつ病というのは、人間関係のストレスなどが原因になって起こるのが一般的です。好きな人と夫婦になって一緒に暮らすにも関わらず、憂鬱になるというマリッジブルー症状は、人間の心が急な変化に対応出来ない時に起こるとして注目されています。また、女性がかかるイメージがあるマリッジブルー症状ですが、男性もかかるという点も注目されるポイントです。女性の場合は環境の変化や新しく関わる相手の家族との人間関係などで、不安になったりすることが原因とされています。家事を担当するのは女性であることが多いため、それらのプレッシャーなども起因していると言えるでしょう。将来的に子どもを産むことを考えた場合に出てくる責任なども、人によってはマリッジブルー少女の原因となっています。男性の場合はこれまでの独身生活と異なり、一家の大黒柱になるという変化に不安を感じることが落ち込む原因となりやすいと言えるでしょう。なんでも背負わずにパートナーが出来て生活が安定すると考えると、不安が消えやすくなります。

ほとんどのマリッジブルー症状は比較的短期間で済み、自然と良くなるので考えすぎないようにしましょう。平均して2週間から1ヶ月くらいがマリッジブルー症状になる期間とされており、結婚の準備が進むにつれて気持ちが落ち着いていきます。人によって発症する時期が異なり、婚約をしたタイミングに発症する人もいれば、入籍直前にマリッジブルー症状を起こす人もいて様々です。忙しさでイライラしやすい時期であるため、パートナーと意見がぶつかることもありますが結婚について真剣に話し合った結果、絆が深くなることもあります。また、お互いに不安な部分や結婚してから守ってほしいルールなどを話し合えるため、気になる部分を打ち明けるキッカケになるでしょう。共働きの場合は家事の分担などを同居する前に決めておくと、生活しやすくなります。マリッジブルー症状が起きた時に気になる部分は、心の奥で抱えている疑問や話し合い内容です。自分では普段気づかなかったパートナーに対する改善してほしい点を打ち明けることで、長い夫婦生活を円滑に行かせることが出来ます。婚約者がマリッジブルー症状になった場合には、一時的であるということを覚えておき、冷静に接すると信頼が生まれやすくなります。